悪徳商法ガイド TOP -> クーリングオフ -> 内容証明について知ろう

内容証明について知ろう

内容証明と言うのはご存知でしょうか。
悪徳商法に引っかかってしまったかも?といった時に使う手段の一つです。
差出人が同じ内容の文章の手紙を3通作成し、1通は自分の手元に、1通は相手に、もう1通は郵便局で保存しておくものです。

内容証明郵便によって「内容」「出した日」が総務省によって証明されることになります。これと併せて、配達した年月日が証明される配達証明制度も一緒に利用しましょう。
悪徳商法業者の手元にいつ届くか分からないので、この制度を使って配達した日を証明するわけです。

悪徳商法、例えばマルチ商法などで契約してしまった際の解約にはこの内容証明が使われることになります。
他にも便利なサービスとして電子内容証明が2001年2月より提供されています。
1枚の手紙に対する字数制限も印鑑も必要ありませんが、利用者番号が必要となってきます。

悪徳商法には引っかからないことが一番の対策ですが、万が一被害に遭ってしまった場合には内容証明を活用しましょう。

その他の記事

pagetop