悪徳商法ガイド TOP -> 悪徳商法 -> マルチ商法の知識を得よう

マルチ商法の知識を得よう

悪徳商法として有名なのはマルチ商法ではないでしょうか。
これは友人や知人を巻き込むことが非常に多い為人間関係が破綻してしまうことも多くなります。

この悪徳商法の手口としては、まず「商品を売るだけで簡単に利益が得られる」「どんどん人に紹介していけば何もしなくてもお金がもらえる」といった勧誘で組織に入会させます。
その後は周囲の家族や友人、知人を勧誘したり商品を売る=下部会員を増やすことになります。

勧誘した人がまた更に下部会員を増やしていくことにより、紹介した人へ利益が入ってくるということです。
自分の下部会員が増えないことには利益は無い為、継続的に収入があるわけではなくいずれは破綻してしまいます。

最近は「ネットワークビジネス」だとか「フランチャイズシステム」だとか名乗っている場合も多く、一見すると新しいビジネスのように思えますが、実際は悪徳商法です。
言葉につられる大学生などの若者の間で被害が広まっていくことも珍しくは無いのです。

マルチ商法にもクーリングオフ期間があり、通常より長い20日間です。
ですが、クーリングオフ期間中に被害に遭ったことに気づくのは稀です。
騙されたことに気づいたらすぐに弁護士などの専門家に相談しましょう。

その他の記事

pagetop