悪徳商法ガイド TOP -> 悪徳商法 -> 送りつけ商法の対処法

送りつけ商法の対処法

悪徳商法の手口の中に次のようなものがあります。
注文をした覚えが無いのに、ある日業者から商品が送られてきます。
それに文面が添えられており、「購入されない場合は○日以内に返送をお願いします。期限内の変装が確認できない場合は購入頂いたものとみなします」といった旨の内容です。

もしくは、事前に配布されたアンケートに答えたところ後日商品がその業者から送られてくる、といったパターンです。
これは「送りつけ商法」という悪徳商法で、別名「押しつけ販売」「ネガティブオプション」とも言います。

アンケートに答えただけで何故商品が送られてくるのでしょう。
その場合は答えたアンケートの用紙の隅に小さく「購入希望者(申込者)」書いてあるのが主です。

本来契約は、売る方買う方の意思が合致して初めて成立します。
したがって、一方的に送られてくるこの悪徳商法では、殆どの場合業者との間に契約に基づく権利義務関係は生まれません。

ですが注意すべきことがあります。
まず、送りつけられた商品は14日間は絶対に開封しないことです。
また、業者からの引き取り請求が7日間以内にあれば速やかに返却することです。
この日付を超えれば、その商品を自由に処分することが出来ます。
この悪徳商法における注意点は以上の2点です。

その他の記事

pagetop